不規則な生活を正す

看護師は二交代制や三交代制で働くことになる場合が多く、そのシフトの入り方に応じて不規則な生活を余儀なくされることがよくあります。早朝から働く日もあれば、夕方から朝方まで働く夜勤もあり、そのシフトがしばしば変わることによって生活リズムがつかめなくなってしまいがちです。必然的に食生活が一定しなくなってしまって食べ過ぎをしたり、お腹が空いた気がしたら間食をする習慣がついたりしてしまって太ってしまう人もいます。その時にダイエットをすると身体にも精神にも負担が大きく、仕事が破綻してしまいがちになることも珍しくありません。

そこで解決策となるのが、生活リズムをパターン化するという方法であり、それによってできた時間を利用してダイエットを実践していくと痩せることも達成できます。朝型と夜型のパターンに分けて、早朝からと昼頃からの勤務の時には朝型で、昼頃からと夕方からの勤務のときには夜型で固定して生活リズムを作るのです。そして、早朝からの勤務の時には仕事が終わった後に運動をし、昼頃からの勤務の時には仕事前に運動をするという習慣を作ります。すると朝型、夜型のそれぞれの時に起床時間と就寝時間を一定にすることができて生活リズムを安定させやすくなり、食事のリズムも整うでしょう。それに加えて運動をする機会も作ることができるため、ダイエットを行うことが容易になるのです。こういった工夫をすることで健康的に痩せることができるようになります。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.